rola

一番好きなエケベリアを問われたら、僕はこの“ローラ”を挙げます。

どこか気品があって、繊細な、とても完成された種だと思います。

 

以前の投稿でも少しだけお話したかと思いますが、

ローラは初めて買った多肉植物の中の一つです。

別の大きな寄せ植えの鉢に入っていましたが、他の植物たちが大きくなりすぎて、

充分な日照を確保できないと判断したので、個別の鉢に移しました。

全体が傾いてしまっているのと、下葉が伸びて成長してしまっているのは、

その以前の環境でなってしまったものです。

 

エケベリアは360度しっかり日が当たるように、

適度に鉢を回しながら育成させないと、

このように一方向に傾いてしまいます。

 

しかしながら、それを差し置いても奇麗と思えるほどの別格さです。

 

暖かくなってきたので、葉が少し開いて大きくなってきています。

冬は葉が全体的に締まってくるので、その時期が一番見応えがあるかと思います。

 

我が家の環境は、日照面からもあまりいいとは思いませんが、

それでもとても奇麗に成長してくれています。

なので、奇麗あることと同時に、とても育てやすいエケベリアだと思います。

冬も奇麗な形を保って、立派に越してくれました。

 

そして写真を見ての通り、我が家では初めてエケベリアの花が開花しました。

rola-3

最初に買ったローラがここまで成長してくれてとても嬉しいです。

花茎を二つ出しています。

まだ一番最初の花が開いた状態なので、これから先も楽しませてくれると思います。

rola-2

エケベリアは花を咲かすと、弱ってしまうので、

花茎が出てきたら切ってしまったほうがいい。などという話も耳にしますが、

せっかく初めて花茎をつけてくれたので、切らずにとっておいてよかったです。

このまま弱らずに成長してくれると嬉しいですね。

 

ちなみにうちのローラは…

rola-4

子供も出てきました。

 

反対側に出ているので、傾いてるのも、

もしかしたらそのせいかもしれませんね。

 

子供でもやっぱり奇麗です。

 

どうやら、ローラはどちらかというと、子吹きしにくい種類のようです。

よほど環境を気に入ってくれたのでしょうか。

 

時間をかけながらも大きくなってきたので、

共に大事に見守っていきたいと思います。

 

こういった変化があるところが、

多肉植物の最大の魅力かなと思います。

 

季節によって表情を変えたり、成長の仕方も様々です。

 

きっと多肉植物を好きで育てている方の中にも、

いろいろと違った好みがあるのではないでしょうか。

 

中でも僕は、エケベリア“ローラ”、とても好きです。

 

, ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now