apple

今回は僕の使用しているMacの周辺機器を紹介します。

とは言っても、まだ最低限の物しかございませんが。

 

まず始めに必要なものとして挙げられるのは、マウスではないでしょうか。

僕はMacの“Magic Mouse”をチョイスしました。

僕は外で使えることを前提として購入しましたので、

トラックパッドを主に使用していこうと考えていましたが、

絶対あったほうがいいと強い薦めを受けて購入しました。

 

“Magic Mouse”の魅力は、

まずはなんと言ってもデザイン性抜群です。

magic-mouse

MacBook自体のデザインも素晴らしいです。

マウスも本体に負けず劣らずです。

あまりにもデザインがすっきりしすぎてて、初めは使い方に戸惑う方が多いかと思います。

使ってみると様々な機能を持った素晴らしいマウスだと実感しました。

 

一見、どこもクリックできる場所がないように見えますが、

従来のマウスと同じようにクリックすることができます。

そしてセンサーで左クリック、右クリックも感知してくれます。

 

それに加え、

mouse-setting

このようにシステム環境設定から、クリックの方式を自由にカスタマイズできます。

 

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルのトラックパッドは非常に優秀にできていて、

2本指でスワイプなど、センサーで感知して細かな動きまで対応できます。

このMagic Mouseも同じように、マウスの上面にはセンサーが付いていて、

同じように2本指、1本指を感知して違う動作を行うことが可能です。

Webページのスクロールも、センサーで感知してくれるので、

指で触れるだけで、従来のマウスと同じようにスクロール操作することができます。

 

Macの“Magic Mouse”は

デザイン性を極限まで高めながら、マウスとしての機能性も兼ね備えています。

 

 

もう一つ、

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを使う上で僕が必要だった物は、

“Apple USB SuperDrive”です。

apple-usb-superdrive

MacBook Proは最新のRetinaディスプレイモデルから、

軽量化を図るため、ディスクドライブがなくなりました。

そのため以前のMacBook Proより薄く、そして軽くなりました。

 

なので、CDのデータを取り込んだりするためには、

この“Apple USB SuperDrive”が別で必要になります。

 

特に際立った機能はありません(笑)

普通のディスクドライブです。

MacBookにはDVDプレイヤーのアプリが元々入ってますので、

DVDも問題なく視聴することができます。

 

強いて言うのであれば、無駄を省いた美しいデザインはやはりAppleだなと感じました。

 

大きさもコンパクトなので持ち運びも比較的容易かと思います。

しかし、CDを取り込むことや、DVDを見るなどといったことは、

基本的には家で行うことだと思いますので、持ち運ぶ必要はあまりないように感じます。

 

僕の意見としては、ディスクドライブを省いて軽くしてくれたのはとても嬉しいです。

“Apple USB SuperDrive”は家に置いて、必要な時は家で使うようにしています。

 

 

マウスなどの周辺機器も、どんどん進化していってるなと、

MacBookを買ってからとても実感しました。

 

それを使いこなすためにも、

自分自身も進化していかなければならないのが大変ですね。

 

時代は日々進化していきますね。

 

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now