camera-iphone

このブログは主にiPhoneで撮影したものを載せています。

ちなみに僕は未だにiPhone4Sを使っています…

本当は一眼レフだと一番いいのですが、まだ買うまでには至れていません。

その中でもiPhoneで出来るだけ奇麗な画像を撮りたいと思っています。

僕はいろいろなカメラのアプリを使ってみて、今はもう一つに落ち着きました。

それが “Camera+” というアプリです。

撮影から、画像の編集までできるので、これさえあれば、

他のカメラアプリは必要ないと言っても過言ではないと思います。

 

まず基本の操作ですが、iPhoneのカメラとはいえ、

ピントをしっかり合わせることは非常に大事だと思います。

 

アプリを立ち上げた際は、大抵のカメラはオートフォーカスになっています。

それをピントを合わせたい場所をタッチして撮るとこうなります。

camera-1

こちらは写真下のキーボード辺りにピントを合わせています。

キーボードの下の部分は奇麗に写っていますが、

スクリーンは暗く、そしてブレてしまっています。

 

camera-2

こちらはスクリーンにピント合わせて撮影しています。

全体が明るくなり、画面もちゃんと写っています。

スクリーンなどの特性上、静止しているものほど奇麗には写りづらいですが、

全体的にもだいぶ奇麗に撮影できています。

 

手動でピントを合わせることにより、鮮明さだけでなく、色調も調整できます。

その場面に合うピントにするようにしましょう。

それにより逆光など特殊な状況でも、ある程度写したりすることも可能です。

 

そしてこちらがメインの編集画面になります。

camera-3

 

シーンセレクトによって、写真をクリアにしたり、フラッシュを足したりできます。

意外と写りが悪い写真でも、後から鮮明にしたり、

暗い場所で撮った写真も、明るくしたりできます。

camera-4

こちらはエフェクト画面です。

お好みに合わせて画像を加工できます。

トイカメラ風な加工など、種類も豊富にあってとても楽しいです。

使い方によっては、何気ない写真をとてもお洒落にすることもできます。

 

こちらは%で加工の強さも調整できるので、

こんなに大げさにしたくない、

少しだけ色調を調整したい、

などの場合でも重宝します。

 

そして裏技的要素で言うと、

100%の加工でも物足りない方は、

一度確定を押して、戻ってからまた加工すると、

同じことを2度することができるので、

100%の加工を2度することもできます。

シーンセレクトも同じことができます。

あまり必要ではないかと思いますが…(笑)

 

参考までに先ほどの写真を加工したものです。

camera-5

元の写真と比べると、とても変わっていますね。

このカメラアプリがあれば、他の画像加工アプリをたくさん入れなくても、

文字入れなどでない限りは、ほぼ一つで事足りると思います。

僕のガーデニングの写真もほぼ、このアプリだけで編集しています。

 

カメラアプリに迷っている方は、是非ご参考までに。

Camera+

 

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now