junk-remake

僕のジャンク缶の作り方をご紹介したいと思います。

今回使用したのはこちらの缶です。

junk-remake-2

何の変哲もないパイナップルの缶詰のものです(笑)

今までも何個か作ってきましたが、

パイナップルの缶は少し大きいことに気づきました。

デコボコがないものもありますが、あったほうが個人的には好みです。

物によってはパッケージが印刷されているものもありますが、

基本的には紙のラベルが貼られている物が多いので、簡単に取り外せます。

 

まずはペンキで色を塗ります。

今回は白をベースにしました。

その際、ペンキが乾く前に細かく砂をまぶします。

junk-remake-3

乾いたら、ティッシュなどで軽くこすり表面の砂を落としてから、

もう一度上から白のペンキを塗ります。

junk-remake-4

砂をまぶすことにより、ざらついた質感が出ます。

砂のまぶし具合や粒の大きさ、何度も塗り重ねることで、

いろいろな風合いを表現できるのでおすすめです。

それと個人の主観ですが、砂をまぶしたほうが、

ペンキの定着が少しよくなる気がします。

 

junk-remake-5

錆びているように見える部分ですが、今回は“さびカラー”というものを使っています。

塗料のように塗って錆を発生させてくれます。

手順は簡単で、まず下地の液体を塗ってから、

もう一つの発色用の液体を上から塗ることで、約24時間ほどで仕上がります。

なかなか本物の錆に近い質感を表現できるものだと思います。

 

ジャンク缶を作る上で本当に錆びさせたものもありますが、

自然に錆びさせるにはそれなりに時間を要します。

食塩水をかけたりすることで、少しは促進させることもできますが、

やはりそれでも何日かはかかってしまいます。

 

そういった意味合いでは“さびカラー”はとても使えます。

塗り方によって好きな具合に錆を付けられるのも、良い点だと思います。

少々値が張るのが玉に瑕ですが、やたらと使用しない限りはそうなくならないとは思います。

とても便利でおもしろいので僕は愛用してます。

 

そして完成した品がこちらになります。

junk-remake-7

右の物も、珍しい小さい缶があったのでおまけで作りました。

 

文字はどうなってるかというと、

junk-remake-6

パソコンで文字を印刷して切り取って、

それを型に上からスプレーしているだけです。

とても面倒なので、あまりおすすめしません(笑)

もっと奇麗に文字を出せると思っていたのですが、いまいちでした。

それが逆に良い味にもなっています(笑)

 

わざわざ文字を青くするために、スプレーする前に下に青のペンキを塗っています。

スプレーが白しかなかったもので、そうするしかありませんでした…

 

今回は二つ作ってみました。

色を変えたりすることで、色々な種類のオリジナルの缶を作れます。

缶も家でゴミになるはずの物を使っていますし、

ペンキは100円均一でもある程度の色は取り揃えてあります。

かかったお金はさびカラーの分くらいでしょうか。

それも何度も使えるので、実質一個当たりはとても安く仕上がってると思います。

 

 

他にも過去のさびカラーを使った作品をご参考に掲載させていただきます。

rust-remake

チワワエンシスの錆缶です。

こちらもベースを白にしていますが、

それが見えなくなるくらいさびカラーを使ってみました。

ざらざらした質感は本物の錆のようです。

 

rust-remake-2

こちらはセダムを植えたブリキのジョウロです。

確か300円ショップで購入したものだったと記憶しています。

そのままでも十分素敵だったのですが、自分でさびカラーで手を加えました。

よりジャンクな感じには仕上がったと思います。

 

さびカラーは赤銅色の物を使用していますが、

他にも青錆色など、別色もあるので少し気になっています。

もちろん、手間はかかりますが、

本物の錆のほうが味があっていいことも確かだと思うのですが。

 


以上が僕の手作りジャンク缶でした。

少しでもご参考になれば幸いに存じます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサードリンク

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now