mini-pots

今日は我が家の小さな鉢に入った多肉たちをご紹介します。

こちらは2.5号(だったと思います)の素焼きの鉢を自分で色を塗ってアレンジしました。


それでは手前から。

青いポットがエケベリア “イリア” です。

あんまり買ってから成長してない気もします… そして綴化しすぎです。

※ 綴化(てっか)とは成長点が帯状に繋がって成長していくこと。一種の奇形。

 

買った当初は “イリア” がこんな綴化しやすい種だとは知りませんでした。

もともとこういうものかと思っていました(笑)

綴化していない “イリア ”は別物のような形状をしています。

 

 

真ん中、緑の鉢はセンペルビウム。

すみません詳しい名前はわかりません。

買ったときに名前付いていなかったような気がします。

センペルビウムは、形など好きな種類が多いのですが、

今のところ我が家には、この子しかいません。

色といい、形といい、増え方といい、とてもお気に入りです。

 

 

一番奥の赤い鉢はクラッスラ “紅稚児” です。

白い花を咲かせています。冬には葉も赤く色づいてとても奇麗です。

暖かくなってきて、葉が緑色っぽくなってきました。

この手の種は、紅葉のシーズンが一番奇麗だと思います。

今はあまり日当たりのよくない場所でも、元気に育っています。

 

お次はこちら。

mini-pots-2

ブリキジョウロ風ミニポットです。

青いものがセダム “パリダム” 、赤いものがセダム “リトルゼム ”です。

どちらもセダムでとても元気です。

パリダムは溢れてる様子が可愛いです。

リトルゼムはまだまだ小さいですが、これでも大きくなったほうです(笑)

どちらも植物と鉢の色合いが気に入っています。

 

mini-pots-4

ちなみに緑色もあります。

まだ何も植えていないので、雑貨として使っています。

 

このブリキジョウロも100円均一で購入したものに、ペンキで色を付けました。

ザラザラしてるような部分は、以前ご紹介したペンキを塗った後に、

砂をまぶす方法によるものです。

ですのでコストパフォーマンスすごくいいです。

もっと買ってきて他色も追加してもいいかなと思っています。

とにかく100円均一は本当に使えるものが多いです。

ガーデニング始めてからは、本当に100円均一は重宝してします。

 

mini-pots-3

撮影用に下ろして撮影しましたが、

普段はこんな風に棚の一角に置いてあります。

 

色とりどりの小さな鉢に植えた色とりどりの多肉植物が並んでる様子はとても可愛いです。

そして、こんな小さい鉢に植えて楽しめることも、多肉植物ならではだと思います。

 

少し葉が映り込んでいるのは、“クランベリー”です。

cranberry

新しい芽がたくさん出てきて、着実に成長しています。

奇麗な赤い実をたくさん付けて欲しいです。

多肉ではないですが、

寒さにも強く、丈夫なので、とても育てやすいと思います。

 

最後におまけになりますが、

sedum-h-p

セダム “ヒスパニカム プルプレア ”。

前回も掲載したブリキのジョウロアレンジです。

暖かくなってきて、葉が少し開いてきました。

セダムの中でも、とても好きな種です。

冬はもっと葉が詰まっていてどちらも素敵です。

 

なんとなく撮影したくなって、今回も載せさせていただきました。

ジョウロの雰囲気を出したかったので、Camera+で加工強めです。

 

 

最後少しミニポットとは逸れましたが、

ミニポットは本当にコストも安くて、場所も選ばないので便利です。

レイアウトとしても、小さい鉢を密集させて置いたり、並べたり、

アクセントをつけられて良いと思います。

 

大きい鉢はあまり増やせなくても、

小さい鉢ならなんとかなるような、

今日この頃です。

 

 

 

, , , , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now