bottle-arrange-1
薬の空き瓶を使ってアレンジしてみました。

“斑入りグリーンネックレス”を植えています。

今まで瓶を使った物では水栽培をしていましたが、

今回は土を入れて育ててみようと思います。

使用した瓶は市販されている薬の空き瓶です。

本来なら遮光瓶を使ったほうが良いのかもしれませんが、

水栽培と違い水やりのタイミングが重要になってきますので、

中身が見える透明な瓶を使用しました。

 

瓶を鉢として使用することには、一つだけ難点があり、

それは底に穴が開けられないことであると思います。

水をやりすぎてしまうと、水が抜けず蒸れてしまって根腐れを起こしてしまいます。

乾燥剤などを底に入れて育てる。などの方法も聞いたことがあります。

今回は何も入れずに育ててみます。

 

bottle-arrange
瓶はこのようにアレンジしてみました。

青のペンキを水で溶かしたものを流し込んで、色をつけています。

元々色の付いた瓶ほど奇麗に色づけできませんが、

それでもオリジナリティーが出ますので、僕はおすすめします。

青は無難ですし、透明なままよりは…という方は是非試してみてください。

 

“ JUNK ”の文字は前に錆缶アレンジをご紹介したときと同じです。

その際は文字を置いて、上からスプレーしましたが、

今回はその逆で、文字をくりぬいた型を使ってスプレーしました。

bottle-arrange-3

元の色の文字を描き出したい場合は、文字だけを置いてスプレー。

単純に文字を黒や白で描き出したい場合は、型を置いて黒や白のスプレー。

と使い分けられるので、型を作るのは非常に面倒でしたが、なかなか汎用的です。

 

今回は瓶に下地なしで直接スプレーで文字を入れたので、

何回も乾かして、またスプレーして、と繰り返して文字を入れました。

スプレーは吹きかけすぎるとすぐムラになるので、

毎回乾かして、少しづつ塗り重ねた方が無難かと思います。

“ JUNK ”の“ U ”のところが歪んでしまっているのは、少しムラが出ているせいです。

それも味があるということで、そこまで僕は気にしていませんが(笑)

 

今回“ 斑入りグリーンネックレス ”を挿し芽しました。

このように短く切って、土に置いておくと発根して伸びていきます。

bottle-arrange-4

水やりは最初のうちは霧吹きでしていきます。

伸びてきたら普通に水をあげていきますが、

グリーンネックレスは乾燥に強い品種なので、

中の土の乾き具合を見ながら、少し乾燥気味に育てていきたいと思います。

水をやりすぎて蒸れてしまっては元の子もないので。

 

また育ってきたらアップしていきたいと思います。

写真のように、“朧月”の水栽培の瓶の隣に置いてみました。

これから大事に育ていきます。

bottle-arrange-2

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now