rust-can-greenneckless

昨日に引き続き、こちらのゾーンに手を加えていました。

こうして並べてみると全部さびさび加工です(笑)

どうしても昨日、作成したエケベリア“ローラ”のJUNK缶の隣に、

空いたスペース埋めたかったのです。

今回使用したものはこちらです。

rust-can-greenneckless-2

なんとなくあまりない形の缶ですよね。

こちらもともとはZippoのオイル缶になります。

それを錆させて作成してみました。

ちなみに今回はさびカラーを使わずに自力で錆びさせました。

TOP画像で他のJUNK缶と並べていますが、

どれが本当の錆かどうかわからないですね(笑)

 

今回の缶はまずラベルが印刷されていたので、

そのまま残してもいいのですが、最初にヤスリでできるだけ削り落としました。

その後錆びさせる行程に入るのですが、

少しでも早く錆びさせるために、濃度の濃い食塩水を作り、

日に何度か霧吹きで吹きかけていました。

塩分には錆を促進させる効果があります。

もちろん外でじっくり錆びさせることが理想ですが、

あまりにもじれったいので…(笑)

しかしながら錆びさせたはいいものの、

なかなか使い道が思い浮かばなかったので、

また外で放置していたものが今日に至ります(笑)

だいたい2ヶ月ほど放置していたので、

もともと食塩水でかなり錆びた状態でしたが、よりさびさびな状態になっていました。

 

この前もグリーンネックレスを瓶アレンジしたばかりなのですが、

今回も“斑入りグリーンネックレス”を使用しています。

rust-can-greenneckless-4

缶が細長い形なので、どうしても垂れ下がる種類がよくて、

“ハートカズラ”と迷ったのですが、“グリーンネックレス”に決めました。

うちには斑の入ってない通常のグリーンネックレスもいますが、

そちらの鉢のグリーンネックレスは、まだ挿し芽できるほどの大きさにはないので、

どうしても“斑入り”のほうになってしまいます。

個人的には斑入りではないもののほうが好きだったりします(笑)

rust-can-greenneckless-3

この調子でいくと、

グリーンネックレス(斑入り)ばかりのベランダになってしまいそうです。

グリーンネックレスやルビーネックレス、ハートカズラなど、

垂れ下がる習性を持った多肉植物が我が家にはたくさんいます。

それらは他の多肉と違って、より大きく空間を埋められる可能性を持っていると思います。

高い場所に配置して大きく垂れ下げたりすることで、より立体感を出せます。

色んな種類の多肉植物をガーデニングに取り入れることで、

より魅力的な自分だけの庭になるのではないでしょうか。

rust-can-greenneckless-5

こんな風にかなり効率よくスペースを埋められました。

人間にしても植物にしても子供たちは本当に可愛いですね。

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now