left-hand

“左利きには天才が多い”、“左利きは右脳が発達している” など、

左利きの人にはにわかに信じがたい噂が多々あります。

当ブログ筆者の僕も左利きです。

今までの人生で経験してきた様々な左利きあるあるを紹介します。

・レストランなどで食事の際、隣の席の人と肘が当たる

 

そして「おい邪魔だよ」とか言われます(笑)

この歳までくると、それがわかってくるので、

レストランで席を案内された際には、右利きと肘が当たらない側に計算して座ります。

 

 

・ハサミがとても使いづらい

 

左利きの人が普通のハサミを使うとうまく切ることができません。

なんなんでしょう?切り口が変な風になりますよね?(笑)

僕は小さい頃に買ってもらった左利き用ハサミを未だに愛用しています。

外でハサミを使う場面では「左利きだからこれ切って」とか言うと変な顔されます(笑)

 

 

・改札口が逆になる

 

切符を通す口やSuicaのタッチの部分は全部右にあります。

基本的に左利きは無意識に物を左手で持つ習性があります。

あらかじめ、右手に持って改札を通るか、

左に持ったまま手をクロスさせて通ることもあります(笑)

そんな人を見かけたらほぼ間違いなく左利きです。

 

 

・習字が苦手

 

習字って右手でするものだと習いますよね?

でも左利きなので、当然左手で書いても上手いんです。

最初の筆の置き位置はとても気持ち悪いです。

僕はどっちで書いても変わらないことに途中で気づいたので、

文字は右手、名前は左手で書いていました(笑)

 

 

・文字を書いていると手が汚れる

 

これは永遠の課題ですね。

数学で計算などをたくさん書き込んでいると、いつの間にか手が真っ黒。

ボールペンも気を使っていないと、せっかく書いた文字がぐちゃぐちゃ。

縦書きの作文などは快適ですよ(笑)

 

 

ここまでは左利きの方の多くが賛同していただけると思います。

ここからは僕の経験を踏まえたマニアック編いきます。

 

 

・野球の左利き用グローブが少ない。

 

授業などでも左利き用は数が少なく、左利きが何人かいるクラスだと売り切れます。

友達はほぼ持ってる人がいないので、遊ぶ時も借りたりできません。

自分で用意しておかないと野球できません。

 

 

・バッティングセンターで左バッターボックスが少ない。

 

左右のバッターボックスが両方揃っているところは少ないです。

近所のバッティングセンターには80キロと120キロのコースしかありません。

「80キロは遅すぎ…120キロは速すぎ…」となります(笑)

 

 

・包丁を持っているだけでおっかないと言われる

 

かなりの高確率で言われます。

左利きには普通のことでも、右利きの方が見ると危険に見えるようです。

 

 

・箸の使い方などを教えてもらえない

 

これは身近に左利きの方がいれば可能かもしれませんが、僕の親戚に左利きはいません。

なので、誰も左手じゃうまくできない。と言って途中で投げ出されます。

ボーリングのフォームや、ネクタイの結び方など、少しでも複雑なことは、

右利きの方には教えづらいようです。

 

 

・スープバーのおたまが使いづらい

 

最近はファミレスなどでドリンクバーの隣にスープバーがあるところもあります。

あのおたまは本当に使いづらいです。たぶん右利き用なのでしょう。

手首を反対に返さないと掬うことができません。

左利きの方は共感してもらえると思います(笑)

 

 

・「よく左手で文字書けるね」と言われる

 

「左利きだから当たり前だよ」と、

言い返すやりとりを何度したことか…(笑)

 

 

・左利きの人がいると妙に親近感が湧く

 

料理番組などで左利きの芸能人がいると、

あまり好きでなくとも、なんとなくちょっと好きになる。

あると思います(笑)

 

 

・左利き用ギターを買おうか迷う

 

これはかなり限定的かもしれませんが、

ギターは一応レフトハンド用の物もあります。

僕もギターを少し弾きますが、最初に買う時は迷った末、

教えてもらうことなどを考えて通常のものを買いました。

どうしても右手のピッキングが難しいです。

左手でコードを抑えたりすることは割と覚えがいいはずです。

今になると左利き用もかっこいいな〜とか思います(笑)

 

 

 

いかがでしたでしょう?

左利きの方には共感していただけるものも多くありましたでしょうか。

 

左利きは全世界で見てもほんの10%程度しかいないようです。

それは必然的に物が右利き用に作られるわけです。

左利きが天才が多い理由の一つとしては、

右利き用の物を使うために頭を使う機会が多いからだ。とも言われています。

 

ちなみに僕はサッカーをしていましたが、利き足は右でした。

左足も他の人の逆足よりは使える気もしますが、そういった不思議なこともあります(笑)

スポーツは左利きが有利だと言われているものもいくつかありますね。

 

こうして挙げてみると不便なことも多いですが、

生まれたときから左利きなので、さすがにもう慣れてしまいましたね。

今となっては他の人と違う左利きでラッキーとも思えるようにもなりました。

 

 

左利きの同志の方へ

不便な世の中ですががんばって生きていきましょう!(笑)

 

,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now