hyde-rock

音楽の趣味についても少しだけ触れてみようと思います。

僕は正直好きなジャンルとかはあまりなくて、

強いて挙げるならロックが好きですが、別にロック以外の曲も色々聴きます。

バンド系の曲はもちろん、学生時代は流行りの曲なんかは、

なんだかんだ言ってほとんど聴いていました。

ちなみに僕の学生時代はEXILEばっか聴いて歌っていました。

そんなおかげでカラオケに行くと友達に「めちゃめちゃレパートリーあるね」

なんて言われるようになってました。

 

そんな僕が唯一、昔から一貫して好きなのが“ L’Arc〜en〜Ciel ”です。

そんなラルクの魅力を僕なりに綴っていきたいと思います。

 

まず出会いはなんだったのでしょう…

あまり覚えていませんが、初めて認識したのはテレビCMかなと思います。

曲はたしか“ NEO UNIVERSE ”。当時小学生くらいですかね。

全然その時は音楽に興味がない年頃でしたが、幼いながらに、

「かっこいい曲。かっこいいボーカルだなぁ。」と思ったのを記憶しています。

 

そこがまず最初の原点かと。

初見から「hydeかっけー」と思っていたようです。

その数年後にラルクが活動休止している期間に出たベストアルバムがあります。

何故かわかりませんが、すごい欲しくなったんですよね。

サビのメロディーと歌詞が微かに出てくる程度の知識から、ネットで曲名を調べ上げ、

それが“ HONEY ”、“ HEAVEN’S DRIVE ”、“ snow drop ” といった、

誰もが一度は聴いたことあるような曲です。

そしてお目当ての曲が入ったベストアルバムを購入したのがきっかけです。

そこからは典型的なパターンで、昔のアルバムを聴き漁り、

最新の曲が出たら発売日に購入。そんな風に青春時代を共にしてきました。

一番最新のアルバムだけ実はまだ聴いていないのですが、

それ以前の曲なら、アルバム曲も含め全曲カラオケで歌える。くらいにまでなりました。

下手したら歌詞はほとんど暗譜している気がします(笑)

 

そんなラルクの魅力は僕にとって様々なのですが、

まずは曲の幅広さだと思っています。

曲調もポップなものからジャパニーズロック調のもの、ダークなものまで様々です。

それを様々の声で歌いこなすhydeさんのボーカルはもちろん魅力的です。

昔に遡るほど、アルバム曲が好みだったりもします。

あまりロックでガンガン鳴っているというよりは、メロディアスな曲が多いことも、

“ L’Arc~en~Ciel ”の大きな魅力です。

あまりロックバンドという括りは適切でないように思えてきます。

飽きずに聴いてこられたのも、

そういったところが僕の好きなポイントだったのだと思います。

 

歌詞も「比喩に比喩を重ねる」と表現されるほど難解なものが多々あります。

昔の曲ほど直接的な表現はあまり使われない傾向があります。

最近はhydeらしくないような(?)表現も増えてきましたが、

本人も「歌詞は曲の二の次」と言っているように、

曲に合わせた歌詞を書いているのだと、思わせられる節がいくつもあります。

 

それに加え、主旋律と思わせるほどのベースラインもラルクの隠れた魅力です。

個人的にはTETSUYAよりセンスのいいベーシストはいないとまで思っています。

ベースの刻み方は明らかに他のバンドとは一線を画すものだと思います。

様々な曲でギターのメロディーラインのようなベースを弾いています。

普通に聴いてたらそこまで入ってこないのは当然だと思いますが(笑)

 

 

ここで主観的かつ、今の気分による「ラルクの曲ベスト5」を発表します。

明日また同じことを聴いても、絶対に同じにならない自信があります(笑)

それだけ僕にとっては好きな曲がたくさんありすぎるということです。

そもそも順位を付けることがナンセンスなのですが、今回は心を鬼にして(笑)

 

 

ベスト5

“ LOVE FLIES ”

 

一番売れていた時期のシングル曲にしては地味な曲です。

ですがラルクの曲の中でも似た曲がないようなめずらしい一曲です。

小さい頃CMで聴いたイメージが脳に焼き付いていて、

それがこの曲だとわかったときはもう感動でした。

日本のロックバンドがあまり作らないような曲だと感じます。

AeroSmithとかにありそうな曲…

なんて言ったらエアロスミスのファンに怒られますかね(笑)

どことなく洋楽のような雰囲気を持ったかっこいい曲です。

※アルバム「REAL」収録

 

 

ベスト4

“ Sell my Soul ”

 

ラルクのお洒落な雰囲気が全面に出た曲だと思います。

hydeさんの裏声と地声が境界線でせめぎ合うような曲です。

物語の中にいるような、はたまた異国の情景が目に浮かぶような詩で描かれています。

サビの裏で鳴ってるギターがとてつもなく好きだったりします。

曲の終わり方はラルクで一番好きかもしれません。

聞き終わっても切なさを引きずるような、そんな一曲です。

※アルバム“ ray ”収録

 

 

ベスト3

“ Fare Well ”

 

切なくも力強い鳥のような曲です。

曲名の“farewell”とは“さようなら”と言う意味なのですが、

あえて間が開けてあるのは、別々に解釈するということでしょうか?

“fare”だけだと「旅する」などの意味もあるので、“さようなら”の意を持ちつつも、

“旅立つ”という意味合いの方が近いのかもしれません。

本人に聞いてみないとこればかりはわかりませんけど(笑)

繊細かつ力強いバラードで、未だにこの曲に似てる曲も少ない気がします。

あまり知られていないマニアックな曲ですが名曲です。

※アルバム“ True ”収録

 

 

ベスト2

“ いばらの涙 ”

 

昔の曲ですが、未だライブには欠かせない曲のようですね。

ヘビーなロックという感じでしょうか。

曲の構成など、僕は一番かっこいい曲かなと思います。

序盤の今にも消えそうな炎を絶やさぬように守り祈るような印象から、

後半、燃えさかる炎に焼かれていく激しい痛みの中、愛を叫ぶようなこの曲。

ただただ深い。

アルバム “ ray ”収録

 

 

ベスト1

“ Pieces ”

 

ひとまず決着。穏やかなラルクのシングルで初めてのバラード曲。

いつかの大切な人を想い出すような、少し歳を取った気持ちになります。

誰かを想うことが、自らの強さになると歌っているようです。

この世界では、誰かのために行ったことこそ、

回り回って自分に返ってくるのかもしれませんね。

初めから自分のための行いなど、誰かを傷つける刃なのかもしれません。

いつか自分が終わりを迎えた日にはこの曲を空の上で聴いていることでしょう(笑)

 

 

番外編

 

hydeソロ名義およびロックユニットVAMPS合わせての、

 

 

ベスト1

“ evergreen ”

 

今までのhydeさんのイメージが払拭された曲。

優しさの裏側にある切なさの溢れたバラード。

贔屓目なしに、こんな歌を歌える人は正直ほとんどいないと思います…

ラルクのhydeしか知らない人には是非一度は聴いていただきたいです。

※アルバム“ ROENTGEN ”収録 “HYDE” 名義です。

 

 

 

以上です。

まったくもって今の気分で決めました(笑)

本当に好きなアーティストの一番ってなかなか決められないものだと思っています。

“L’Arc~en~Cielから“HYDE”、そして“VAMPS”までほぼ全て聴いていますが、

その日によって聴きたい曲なんて違いますよね。

 

この歳になると熱はだいぶさめてきましたが、

今でも好きな歌手は?と聞かれたら“ラルク”以外は口にしないと思います。

洋楽も少しは聴きますし、邦楽のバンドもよく聴きます。

それでもなんだかんだ“L’Arc~en~Ciel”およびにボーカリスト“hyde”は、

この先もずっと好きなんだと、唯一誓える気がします。

 

 

 

 

,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now