2013052209

改めまして、先日初めての本格デジタル一眼レフカメラを購入しました。

ここ数日使ってみて、まだまだ機能を使いこなせていませんが、

これからデジタル一眼レフを買おうと思っている方などのためになるよう、

思ったことや感じたことを書いていきたいと思います。

2013052326

僕が購入したのはこちらの機種。PENTAX 「K−30」という機種です。

PENTAXのエントリーモデルのデジタル一眼レフです。

一眼レフカメラのメーカーは“Canon”や”Nikon”が大手で有名ですが、

僕はあまり大手のブランドなどが好きではないので、

特に意味はありませんが、初めから“PENTAX”に決めていました(笑)

 

一眼レフカメラはレンズを自在に交換して、撮りたい絵に合わせて撮れることが、

携帯カメラやデジタルカメラとの大きな違いかと思います。

しかし一眼レフのレンズは基本的には同一メーカーの物しか使えません。

CanonならCanonのレンズ。PENTAXならPENTAXのレンズしか使えないということです。

なので僕はこれからPENTAXのレンズを使用するということになります。

 

僕が買ったPENTAX「K−30」はヤマダ電機にて約7万円ほどでした。

本体機だけだともっと値段が安いと思いますが、初めてということで、

レンズも何も持っていないので、レンズが二つ付属しているモデルです。

2013052327

通常のレンズに加えて、高倍率のレンズの二つが付属していました。

レンズは単品で買うと一つ数万円以上するようなので、

最初から2個付いてるモデルは少しは割安感がありました。

 

レンズは撮影したいものによって倍率なども変わってきますので、

販売店にて店員さんに存分に相談して購入することが良いと思います。

 

 

それでは、ここからは使ってみての感想になります。

TOPの写真もそうですが、実際に写真も撮影してきたのでその写真も共にご紹介します。

 

デジタル一眼レフにはオートフォーカス機能があります。

初心者がまず写真を撮影するのであれば、

オートフォーカス機能を使えば簡単に高画質の写真が撮影できると思います。

僕もやっとマニュアルでのフォーカスも使えるようになったところです。

細かく「ここにピントを合わせたい」などの希望があるときは、

マニュアルフォーカスを使わないと、

自分の思い通りの写真を撮ることは難しいかもしれません。

 

2013052207

こちらはオートフォーカスで撮影したものですが、かなり綺麗に撮れています。

虫や花などを撮る際も、遠くからだと倍率の高いレンズを使ったほうが綺麗に撮れます。

 

2013052206

こちらは都会ではかなり珍しい「黒揚羽」。

3,4m程の距離から高倍率レンズでオートフォーカスで撮影しています。

ピントが少しだけ合っていないのは、腕が悪いせいかと思います(笑)

それでもここまで撮れることは、さすが一眼レフだなと感じました。

 

しかし拡大して撮影すると、少しの手ブレでブレてしまうことが多い気がします。

カメラ自体に手ぶれ補正機能は付いていますし、

上手な人が撮影したらそうはならないと思いますが、

初心者として、そこはまだまだ難しいなと思いました。

ましてや、いつ動くかわからない昆虫や動物を撮影することは、

時間との闘いもありますので、より焦って失敗しがちでした(笑)

 

2013052328

引きの風景であれば、オートで十分に綺麗に撮影できます。

個人的に驚愕したのがこちらの写真。

2013052205

写真としてはイマイチなのですが(笑)

ここまで水しぶきが鮮明に写るとは思いませんでした。

鳥が滑空して魚を捕食する瞬間などを撮影できたら、さぞすごい絵なんだろうなと、

妄想させられるほど、こういった一眼レフカメラの性能には驚愕させられました。

 

僕はまだまだカメラの性能についていけていない状況です。

細かい機能がたくさんあって、説明書も分厚いです…

ですのでこれからも勉強していかないといけないのですが、

数日使ってみての感想として。

 

まず当然画質は恐ろしくいいです。

僕はMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを普段使いしていますが、

今まで携帯などで撮影した画像はそれほど綺麗に映すことができませんでしたが、

一眼レフで撮影した画像は壁紙に設定できるほど、めちゃめちゃ綺麗です。

 

超初心者なので今のところ仕様に対する満足度はかなり高いです。

レンズも2本付属していたので、用途によって使い分けることも楽しいです。

強いて一つあげると、僕は趣味のガーデニングの写真を撮ることも多いので、

必然的にとても近くにあるものを、撮影することになります。

そうすると別で接写用のレンズは必要なのかもしれません。

あまりに近づきすぎると、ピントを合わせられなくなりますので…

それでも、少し距離を取ったりして、十分綺麗に撮影できています。

※画像についてはその他ガーデニングの記事などご参照ください。

 

基本的に普通に撮影するのであれば、

そこまで近づいて写真を撮ることはないかと思います。

景色や人物などを撮影するのであれば、まったくもって問題ないと言えます。

 

 

デジタル一眼レフカメラを今回購入しましたが、

実際に使ってみるまでは、勝手なイメージで、

「操作も難しいのではないか?」などと思っていましたが、

使ってみるとそんなことはなく、意外と簡単だと思いました。

 

もちろん使いこなすことは難しいと思っています(笑)

なにせよくわからない機能がたくさんありますので…

細かい機能は使っていくうちに覚えていけばいいかなと思います。

 

 

以上が大雑把ながら、デジタル一眼レフを購入して3日目の僕の感想でした。

これからも使っていくうちに、様々なことを思い感じると思いますので、

その際はまた追って掲載させていただきたいと思っています。

 

これからデジタル一眼レフカメラを購入される方へ、

少しでもお力添えできれば幸いに存じます。

 

 

 

 

 

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now