2013060503

エケベリア“チワワエンシス”がだいぶ復調してきました。

やはり水は少し控えめにしたほうが良いかもしれません。

自画自賛しますが、やはりチワワエンシスはとても可愛い。

2013060503

一時小さくなってしまって、どうしたらいいか悩んでいたのですが、

少し水をやるようにしたらだいぶ復調しました。

日も長くなってきて、ゆっくりではありますが成長してる気がします。

水をあげると葉が少し開いて、小さく縮こまっていくのは改善されましたが、

やはりあげすぎると、少しだらしなくなるので匙加減が難しいところ。

今の開き具合がちょうどいいかなと思います。

もう少し下葉が枯れ落ちずに残ってくれると、もっと綺麗になりそうです。

我が家の環境だとこれが限界かもしれません。十二分に満足していますが。

 

2013060502

一方子分けしたローラのほうはまだまだ小さいままです。

比較してもほとんど変化なしです…

しかし根元のほうから赤い根っこが伸び始めていたので、

定着していければ、成長していくと思い見守っています。

ローラは他のエケベリアと比較してもかなり成長が早いほうだと思います。

ちょうど一年前くらいから育て始めたローラですが、

子供をもうけるまでになりました。

まだ水はほとんど控えている状態ですが、親のように立派に育ってほしいです。

根が生えないうちには、水は控えた方が良いとよく聞きますが、

もちろん根から水を吸い上げているので、理解できるのですが、

もともと自然界にいたら、そんなこと構ってくれませんよね。

過度にあげなければ大丈夫だろと思いつつも、今は霧吹きであげる程度です(笑)

親の株より子供の株は弱いことは間違いないように思いますね。

 

そしてここからはおまけとして、街角で見つけた多肉植物たち。

持ち主の方勝手に写真撮ってごめんなさい…

それでもびっくりするものがたまにあるので。

少しでもお裾分けします。

2013060401

こちらはアスファルトの隙間から生えていた“ブロンズ姫”

地面にこんなに立派に根付いていたのでビックリしてつい撮影してしまいました。

見たところ少しは土もあるようですが、

どう見ても土に気を遣ったりはしていなさそうで。

こんなところでも育つのだと感動。

日当たりは良さそうなので、やはり日照が一番大事なんでしょうね。

 

2013060501

こちらはもう一見して壮観な“朧月”のカーテン。とても立派です。

何年経てばここまでなるのかなと考えてしまいます。

おそらく二階部分に置いてある鉢から伸びているのだと思います。

いつかこんな立派な多肉を育ててみたいものです。

ここもとても日当たりが良さそうでした。

そのかわり雨風への対策はまったくしていなさそう。

“朧月”は丈夫な種として有名ですが、この様子を見れば信憑性が湧きますね。

 

2013060414

最後は花が落ちてしまった我が家の“ベロニカ オックスフォードブルー”。

どうしても鉢がお気に入りです。

, ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now