ベランダで家庭菜園

最近家庭菜園が流行っているようです。メディアなどで特集されたりしていますね。

我が家でも少しだけそうした食べられる野菜などを育てたことがあります。

我が家のような狭いベランダでどのような植物が育てられるのか考えてみました。

ベランダで家庭菜園

我が家でも今家庭菜園と呼べる物はこのバジルくらいです。

完全に食用なので鉢が酷いですね(笑)

あまりに放置しすぎてて少し葉が痛んできてしまいましたが、美味しく食べる事ができます。

バジルはなんだかんだで毎年一株買ってきては育てています。

だいたい一株100円前後なので、正直簡単に元は取れるかなと。

そもそもバジルはそんな多量に料理に使用することはないと思いますし、

成長も早く、たくさん収穫することができます。

今現在この鉢で日に4時間ほどの日照です。

本当にベランダの片隅に置いていますが、毎日水をあげていればこのくらいにはなります。

僕は家庭菜園にはあまり詳しくはないですが、

バジルは家庭菜園初心者の方にもおすすめできると思います。

 

その他には「プチトマト」なども育てやすいのではないでしょうか。

サラダの彩りとしてプチトマトがあれば嬉しい気持ちになりますね。

小学生の頃に授業で育てた記憶があります。

毎回水をあげるように指示されていましたが、守っている生徒は半分ぐらいだった気がします。

もしかしたら、毎日先生が水をあげていたのかもわかりませんが、

少なくとも小学生にも育てられる植物であることには間違いないと思います(笑)

 

ハーブ類なども人気がありますね。

野菜などよりは見栄えも良いかなと思いますので、

単純にガーデニングを楽しんでいる方でも取り入れやすいかと思います。

僕はハーブ類だと「ステビア」を育ててみたいと考えています。

正直見た目は雑草のような何の変哲もない植物なのですが。

甘味料として利用されるなど、葉っぱに甘みがあるのが大きな特徴です。

砂糖の300倍の甘みがあるとされ、

ダイエット食品や糖尿病患者の食事の糖分に代用されたりしています。

僕も一度口にしたことがありますが、普通に美味しかったです。

おそらく条件的にもベランダで栽培も可能であると思います。

 

まとめ

まずは自分の食べたいものを育ててみるのが一番だと思います。

ベランダなどですと日照条件などにも限りがありますが、

ハーブ類などは割と美味しく栽培できると思います。

何より自分で収穫したものは美味しく感じることができるのではないでしょうか。

僕もこれからもう少し家庭菜園にも挑戦していこうかなと思いました。

 

Trackback

no comment untill now

Add your comment now