センペルビウム“モーニングバード”をミニJUNK缶に

いつだったでしょうかこのミニJUNK缶を作ったのは…

この小さなJUNK缶にセンペルビウム“モーニングバード”を植えてみました。

我が家では二種類目のセンペルビウムです。

子供が大きくなって、すぐに溢れてしまいそうです。

*スポンサードリンク

なんだか植えるときに砂がかかってしまって、中が汚れてしまいました…

今は水を霧吹きであげながら水圧でがんばって掃除しています。

大きいのは明日にでもピンセットで除去しようと思います。

センペルビウム“モーニングバード”をミニJUNK缶に

実はモーニングバードを購入してから少し経過していて、

買ってすぐの時は、周りの子供は冬の時期のように小さく丸まっていました。

1週間ほど経ったら、今のように葉が開いて大きくなってきました。

その様子を見ると、思いの他状態はいいように思います。

センペルビウム“モーニングバード”をミニJUNK缶に

見てわかる通り、一本だけランナーの部分が折れてしまっています。

これはどうしたらいいんでしょうか…

取り除いてどこか土に挿したほうがいいんですかね。

今はそのままで放置していますが…

正直購入したときより目に見えて大きくなったので、思ったより成長が速いようです。

あっという間にぎゅうぎゅうになってしまう予感がしています(笑)

センペルビウムは寒さや乾燥にもとても強い種です。

水も1〜2週間に一回ほどやれば十分だと思います。

水をやると葉が開いてきます。水を控えてやると、葉ぎゅっと締まって多肉っぽくなります。

葉の表面を観察していると、葉に水分が不足してくるとわかると思いますので、

そうしたら水をやるくらいがちょうどいいかと思います。

センペルビウム“モーニングバード”をミニJUNK缶に

ミニJUNK缶との相性もなかなかです。

錆の浸食が進んで、文字が大変見づらくなってしまいました。

ぎゅうぎゅう詰めになったら、もっと可愛らしい鉢になると思います。

さすがに中が蒸れるようなら、植え替えも考えていきます。

せめて1年くらいは保ってほしいです。

センペルビウム“モーニングバード”をミニJUNK缶に

こちらの名無しセンペルビウムもとても元気です。

同じセンペルビウムでもこちらはよりトゲトゲしているのが特徴です。

残念ながらいまだに名前はわかりません(笑)

この鉢にもほとんど水をあげていません。

本当に気づいたらあげる程度なので、1ヶ月に2回もあげてない程度ですが、

状態はとても良さそうです。

日照が偏らないように、鉢をたまに回すようにしています。

センペルビウム“モーニングバード”をミニJUNK缶に

砂さえ綺麗になればいいのですが…

センペルビウムに初めは興味があまりなかったのですが、

思っていたより、日々変化もあって可愛い多肉植物だと思います。

いつかセンペルビウムの鉢を並べて、センペルビウムゾーンなんかも作ってみたいですね。

スポンサードリンク

Trackback

no comment untill now

Add your comment now