我が家で1番丈夫な!?ルビーネックレス

我が家で一番の古株がこちらの鉢です。

ほぼメインは“ワイヤープランツ”と“ルビーネックレス”です。

今回はこのルビーネックレスにスポットライトを当てていきたいと思います。

我が家で一番丈夫と言っても過言ではないはずです。

スポンサードリンク

今でこそここまで溢れた姿になっていますが、もちろん購入したときは子鉢でした。

おそらく2.5号サイズの鉢に収まるほどの大きさでした。

ちょうど一年くらい前だったと思います。

我が家で1番丈夫な!?ルビーネックレス

一年でこんなになってしまいました(笑)

はっきり言って日照も良くないです。太陽はワイヤープランツ側に当たりますので。

ちょうど反対側になるルビーネックレスにはあまり日が当たっていないです。

色を見ても、日照が十分ならもっと赤く染まるはずです。

今の状態はとても“ルビー”ではないですよね…

我が家で1番丈夫な!?ルビーネックレス

とにかく下までが長いです。そしてボリュームがすごい。

最近になっても枯れるところもありますが、成長もしています。

持ち上げてみたら重さにびっくりしました。

こんなに重くて切れてしまわないのが不思議です。

先にも言いましたが、ここは日照も決してよくないです。

そして管理も特になにも…(笑)

本当にたまに水をあげているだけです。

反対側のワイヤープランツには比較的毎日のように水をあげていますが、

ルビーネックレスのほうはその水を吸収しているのか、ほとんど水をあげてません。

我が家で1番丈夫な!?ルビーネックレス

これだけ大きく立派に育ってくれると嬉しいです。

我が家ではこのルビーネックレスとグレゴマが成長率ではトップです。

なので、その二つはベランダガーデニングに向いているといえると思います。

どちらも管理も簡単ですのでおすすめします。

我が家で1番丈夫な!?ルビーネックレス

“白牡丹”も相変わらずぷりぷりです。

この二つでも若干色に違いがあったり、大きさも奥側の子のほうが大きいです。

とても個体差を感じました。どちらも同じ時期に同じ場所で購入しましたし、

日照による差もほぼないはずです。

購入した時にはほとんど同じ形をしていましたが、今では少し差が出てきていますね。

どちらもお気に入りであることには変わりがないです。

グリーンネックレスは日照がさほど必要ないことがわかります。

ここのグリーンネックレスはとても成長が遅いです。

我が家には“斑入りグリーンネックレス”もいますが、ここより日照が悪くても成長が早いです。

基本的には“斑入り”の種は原種よりも弱いと言われていますが、

我が家での立場は完全に逆転しています。

やはり植物を育てる上では環境が一番大事だということがわかります。

スポンサードリンク

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now