チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

さすがに我が家の植物たちも日照不足気味になってきています。

週末からは晴れる予報みたいですね。なんでも35℃くらいまでなるような!?

それで日差しが強かったら、間違いなく葉焼けする子が出てきそうです…

スポンサードリンク

エケベリア“チワワエンシス”も日照不足なのか、更に葉が開いてきてしまいました。

最近チワワエンシスネタが多いですね… いや最近それだけ変化があるんです。

なんか小さくなっているなぁ、と思って一度水あげただけで、

こんなに露骨に姿が変わる子は他にいないと思います(笑)

今はなんだか葉が開いてしまっていてすこしだらしない姿です。

おそらくまた日差しが出てきたら引き締まってくれると思うのですが、

早く綺麗な姿にまた戻ってくれるといいです。

チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

この辺りは安定して可愛らしい姿なんですけど。

クラッスラ“紅稚児”です。こちらは3ヶ月くらいはどこも変化がない気がします(笑)

もう枯れてしまっているようですが、紅稚児の花って放置していいんですかね。

切った方がよいのかもしれませんが、この形が好きなので、とりあえず放置しておこうかなと。

チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

もっと葉が緑になってしまうのかなと思っていましたが、

案外紅い葉を保ってくれているみたいで安心しています。

この手の多肉はやはり紅葉した姿が一番美しいと思います。

早くまた綺麗な白い花を見せてほしいですね。

チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

“ロベリア”もなんだかんだまだ花が残ってくれています。

以前は多肉植物以外の花って、短い間で咲き誇ってすぐに枯れていってしまうイメージでしたが、

育ててみると、意外と長い期間咲いててくれるんだなと思いました。

この調子なら秋にもまた花を咲かせてくれるのかなと期待しちゃいます。

チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

青いほうのロベリアも一度は終わったと思わせて、まだしぶとく残っています。

ベランダの風通しの良さが功を奏しているのかなと思います。

どちらも綺麗で長い間、ベランダガーデンを彩ってくれていますよ。

チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

以前掲載した“ルビーネックレス”です。

こうして手に取るようにすると、その密度に驚かされます。

重すぎて、いつか千切れてしまわないか心配になるほどです…

一年間で本当に立派になったなと思います。

チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

そしてあたり一帯を覆い尽くすほどの“プミラ”。

本当に雰囲気を作ってくれる植物No.1だと個人的に思っています。

しかしながらもっと繁栄を極めてほしいと願っています(笑)

チワワエンシスいくらなんでも開きすぎじゃないか?

ベランダガーデニングもそろそろ始めて1年くらいになるでしょうか。

なんだか1年の間のすごいことになったなと改めて思いました(笑)

もちろん気に入っていますよ。

満足はしていませんが(笑)

スポンサードリンク

, ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now