本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

梅雨が明けて、一斉に本格的な暑さが訪れました。

植物たちも見ているだけで不安になるくらい暑そうです。

こりゃ葉焼けもするわと。植物でもこんな日に当たり続けたら死ぬわと。

それだけ植物って丈夫なのだと感じています。

スポンサードリンク

暑さで目が覚めることは、寒くて目が覚めること以上に不快です…

ゆえに僕は夏が一番嫌いです。どうでもいいですが(笑)

多肉植物って葉に水分を貯めているため、独特の厚みのある葉をしているわけです。

改めてすごい進化だと思いました。この暑さでも水分を逃がさずに蓄えておけるなんて。

人間なんて、水を飲まないでいたらすぐに干上がっちゃいますよ(笑)

それでも上手に管理していかないと、被害がたくさん出そうな暑さです。

本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

我が家の“リトルゼム”は暑さとは関係なしに、成長点を失ってしまって。

葉の中心が何か黒ずんでいたので、ピンセットで除去しようとしたらこんな姿に…

結果良かったのだとは思いますが、なんだか切ってしまうのもかわいそうなのでこのまま放置。

他の場所から、見ての通り相変わらずぼこぼこ増え続けています。

本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

なんだか葉が赤茶けてきたような気もします。

真緑の葉とどちらがいいんでしょうか。

多肉を綺麗に育てる上で、適切の日照量は本当に難しいと思います。

元気に育ってくれているなら、そこはある程度どうでもいいですけどね。

最近は“リトルゼム”が本当に可愛いです。

本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

おそらく我が家で一番日照が少ない場所にいるであろう、

このセダム“ブレビフォリウム”が一輪だけ花を咲かせました。

本当にぽつりと一つだけで感動的です。

こんなほぼ日陰のような場所にいても、花をつけてくれます。

一年くらい育てていて初めての花でしたので、より嬉しいものです。

それにしてもブレビフォリウムも本当に丈夫ですね。

本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

セダム“トリカラー”もなんだか新しい芽が出てきていました。

外側はなんだか枯れてきてしまっているところもありますが、

中心にはこんなに可愛らしい芽がたくさん。

トリカラーはなんだかあまり我が家とは相性が合わないのかもしれません。

暴れた姿のトリカラーに惹かれるのですが、どうもそこまではいきそうにありません。

本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

相変わらず壮絶に斜めな人生を送るローラ(笑)

それでも綺麗だとは思っていますよ。

ローラは丈夫だと思っているので、あまり場所を移動したりは必要ないと思ったのですが、

なんだか暑そうにしていたので、少しだけ非難させてきました。

どちらかというと涼しい顔しているような気もしますが(笑)

本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

僕の中で多肉植物はなんだか暑そうなイメージです(笑)サボテンと同じと言いますか…

暑い場所に自生していそうなイメージなので。

それに比べてこういった観葉植物たちは涼しげなイメージです。

と、このプミラの葉を見ながら思いました。

本格的に暑い。きっと多肉はもっと暑い。

我が家のベランダの唯一の利点は、この暑い夏でも午前中の時間帯しか日が入らないこと。

一番暑さが厳しい時間帯の日差しは当たることがないので、特に遮光したりする必要はないです。

ガーデニング始めた頃は、日照時間が短くて不満にしていましたが、

今にして思うと、特に多肉なんかには、いかにそれが重要なことだったかを思い知りました。

それでも葉焼けしてしまうことはありますけどね(笑)

あとは風通しなんかも比較的いいのかなとは思います。

冬は完全に日が入らなさすぎて、危機に瀕しますが…

なので一概にベランダで多肉を育てることが、難しいか簡単かは言えないかなと思います。

夏だけに関して言えば、午前中の太陽でも十分といっていいほどの日照があると思います。

スポンサードリンク

 

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now