夏へ向けて新たな芽が息吹いています

朝から日差しが強くなってきました。

朝起きて夏だなあと実感する今日この頃です。

それに伴って新しい芽が続々と顔を出しています。

今芽が出ている子たちは秋に花をつける子たちでしょうか。

スポンサードリンク

夏へ向けて新たな芽が息吹いています

まずはセダムたち。“ヒスパニクム プルプレア”もすっかり夏仕様になっています。

冬に購入してきたときは銀色っぽい葉が綺麗でした。

そういえば葉ももっと引き締まっていたなと…

一時は虫に苛まれていましたが、なんとかピンセットで駆除し続けた成果があったのか、

少し元気を取り戻してきたかなと思います。

若干蒸れからか、枯れて少しスカスカしている部分もありますが、

十分に持ちこたえてくれて嬉しく思っています。

夏へ向けて新たな芽が息吹いています

セダム“パリダム”もすっかりもこもこに。

なんだかこの時期は本当にヒスパニクムとも似たり寄ったりの姿です。

逆の名前で売られていても気づかなそうなほどです…

鉢の底が非常に浅いため、他のセダムよりすぐに水を欲する気がします。

この時期は土が乾くのが非常に早いため、

セダム類なら3日に一回くらいのペースで水やりをしても問題なさそうです。

どちらも元気でなによりです。

夏へ向けて新たな芽が息吹いています

こちらは梅雨の最中にすっかり枯れ果ててしまっていた“アリッサム”。

刈り込んでいたら、こんなに可愛らしい新芽が顔を出していました。

今からこう芽が出始めて、花が咲くのはちょうど秋くらいなのかな…

一年草なので冬にはさすがに枯れてしまいますが、

こうして一度ではなく二度楽しませてくれるのは、とても嬉しいですね。

すこし先走りすぎですが、今からどういう風に何色で花をつけてくれるのか楽しみです。

また綺麗な花を敷き詰められたら、写真を掲載したいと思います。

夏へ向けて新たな芽が息吹いています

“プラティア”もすっかり刈り込んで、涼しげな若々しい姿になりました。

プラティアは小さくて可憐な星形の白い花を咲かせますが、

それにも増して、葉の成長もとても速い種類です。

こんな小さな鉢でもセダムのように溢れんばかりになります。

そのため、梅雨の時期に蒸れて表面が枯れてしまっていました。

なので思い切って刈り込んでみると、中にはこんなに新芽がたくさん伸びていました。

アリッサムと同じく秋にまた花を見せてくれることを期待しています。

夏へ向けて新たな芽が息吹いています

最後にすっかり復調している青い“ロベリア”。

というよりも、梅雨で雨続きで花が開いていなかっただけですかね(笑)

夏に入っていくというのに、まだしぶとく咲いています。

ロベリアは本当に長い間花を咲かせてくれるのが嬉しいところ。

この場所は風通しの良さなんかも影響しているのかなと思います。

 

なんだかお洒落な小物や雑貨を置いている店に行きたいです…非常に(笑)

スポンサードリンク

, ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now