ダンボーと多肉写真

今日はダンボーと我が家のベランダガーデニングのコラボレーションでお送りします。

ついでに(笑)我が家の多肉をはじめ植物たちの、成長の様子もコメントしていきます。

やっぱりダンボーがいると写真撮りたくなります。植物との相性もばっちりです。

ダンボーと多肉写真

ちなみにまたダンボー買ってしまいました…(笑)

前に記事にしたダンボーはプラモデルVer.でしたが、今回は完成品です。

Amazon box ver.ミニです。

プラモもいいですが、写真撮る用なら完成品のほうが良いと思います。

関節の動きもプラモデルよりもスムーズでした。

ダンボーと多肉写真

それではさっそく。

“ハートカズラ”JUNK缶とグラス“チランジア”の隙間で。

チランジアは最初買ったときよりもかなり成長した気がします。

グラスは風通しが悪いかと心配していましたが、今のところ大丈夫そうです。

チランジアもエケベリアと同じで、全体に等しく日を当てることが大事なようで、

固定してしまうと、どうしても傾いて成長していくような気がします。

ダンボーと多肉写真

こちらもチランジアが二つ。

この角度から見るとそこそこ綺麗に育っているように見えますが、

動かしていないので、裏側が少し枯れてきています…

チランジアはよくあるようにどこかに吊るして育てたほうが日照面はいいと思いました。

ダンボーと多肉写真

ついこの間、小物に植えてみたセダム“ヒスパニクム プルプレア”です。

さすがにまだ変わっていませんね。根っこはそろそろ出てくる頃だと思います。

後ろの白いロベリアはだいぶ枯れてきてしまいました。

シーズンが終わったら、鉢は使い回しで多肉の寄せ植えでも作ろうかと考え中です。

ダンボーと多肉写真

少しおふざけ系で、ダンボーin“グレゴマ バリエガータ”。

こんな風に軽いものなら沈まずに置けるような強靭さがあります。

さすがに鉢も小さく窮屈なのか、色も悪くなってきていますが、相変わらず大きくて元気な様子。

植え替えてあげたいとも思いますが、これ以上大きくなられても…とも思います。(笑)

斑入りの葉っぱは、まるで作り物のような可愛さがあります。

ダンボーと多肉写真

こちらはだいぶ葉が開いてしまったエケベリア“ローラ”。

こうしてダンボーと比較すると、だいぶ大きいのがわかります。

相変わらず綺麗でお気に入りのエケベリア。

しかしながら最近太陽が当たらない日が続いているので、少し心配です。

“ローラ”はガンガン日に当てても全然傷むことはないような気がします。

とは言ってもマンションのベランダなので、日照もたかが知れていますが。

ダンボーと多肉写真

ちゃんと前のプラモダンボーもいますよ。親子ショット(笑)

こうして見ると自分で色を塗ったわりには、あんまり違和感がないような、あるような…

今回新しく来たミニのほうは、比べるとこんなに小さいです。

それにしても絵になるなと。

ダンボーと多肉写真

ちなみにこのミニちゃんはピカーーーッと目が光ります。

これは夜に映えるな…と今から楽しみにしています。

昼間に光っていると少し恐いです(笑)

相変わらずプミラも大きく成長していっています。

ダンボーと多肉写真

ちゃっかりキツネリスも映り込んでいる。

決してキャラクター色が強くなるガーデニングは望んでいません。(笑)

そろそろ控えなければ、と思っています。

とは言ってもせいぜいこのダンボーとジブリのこのラピュタプランターだけです。

今回はミニダンボーの自己紹介記事でした(笑)

ダンボーと多肉写真

また時々こんな写真も撮っていけたらと思っています。

振り返ったら、あまり多肉植物ばかりでなくてすみません…。

スポンサードリンク

, , , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now