錆びた紅茶缶に“リラシナ”

念願叶い、かねてから欲しかったエケベリア“リラシナ”を錆缶に。

こんなアレンジで作りたいなと考え始めてから、軽く1ヶ月以上経過してたと思います。

ようやく実現できたので、その様子を詳しく載せていきます。

錆びた紅茶缶に“リラシナ”

エケベリア“リラシナ”は初挑戦です。

個人的には“ローラ”と色合いなどは少し似てるかなと思います。

その“ローラ”が我が家では一番元気に育ってくれているエケベリアの一つなので、

この“リラシナ”も大丈夫かなと楽観視しています。

丈夫な種だと聞くので、育て方などはあまり気を遣わなくとも大丈夫だと信じたいです(笑)

錆びた紅茶缶に“リラシナ”

黄色くなっている部分がありますが、これは悲しいことに先日の台風で、

錆びた鉢が落下してついてしまった染みです…

霧吹きで濡らしても取れず… 成長と共に消えてくれるとは思うのですが。

今回どうしても“リラシナ”を二つ並べて植えたくて、その結果少し窮屈になってしまいました。

あまり大きくなってしまったら植え替えは必須です。

どうにか収まりつつ、溢れつつ綺麗に育ってくれるといいですが、

多肉植物、そう思い通りにいかないものですよね(笑)

錆びた紅茶缶に“リラシナ”

使用した缶は以前も使用した、トワイニングの紅茶の空き缶です。

デザインがとても好きで植物との相性も抜群、だと個人的には思います。

そして今回は約1週間ほどで錆びさせたので、サビサビにはまだほど遠いです。

食塩水塗って放置していましたが、思ったほど錆びていかなくて…

クリップなどを上に置いてみたり、色々試してみましたが、

やはり自然の錆だとそこまで早く錆加工はできないのかもしれません。

時間が経てば自然ともっと錆びていくことと思います。


トワイニング イングリッシュブレックファースト 200g

このトワイニングの紅茶缶、さりげなくデザインが少し変わりましたよね?

前のほうが良かった気もしなくもないですが…

味によって色がたくさんありますが、紅茶の味にあまりこだわりがないので、

むしろ味より缶の色で選びます(笑)

錆びさせた紅茶缶の“リラシナ”

こちらは以前までのデザインのアールグレイver.

半年以上は経ったと思いますが、いい感じに錆びています。

少し汚いですかね…(笑)

錆びさせた紅茶缶の“リラシナ”

ちなみに植えているのは“ベロニカ オックスフォードブルー”です。

そろそろ青い花が咲く頃かなと楽しみにしている一つです。

丈が長くなりすぎていて、バランスが悪いなとこの写真を見て思いました。

空き缶の可愛さが活かされていないな…と(笑)

錆びさせた紅茶缶の“リラシナ”

こんな感じで新しく仲間入りしたエケベリア“リラシナ”。

錆び具合もまだまだですが、ひとまずは自分の思っていた形でできたので満足です。

こうしてみてもなかなか可愛いなと自画自賛してしまいます。

スポンサードリンク

, , , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now