ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?) | Cuzlog

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

最近いろいろな多肉が成長期を迎えているような気がします。

写真のエケベリア“リラシナ”なんかも少し大きくなったかなと思います。

以前錆が付着してしまって、汚れていた部分もだいぶ綺麗になりました。

今回は我が家のベランダガーデンの、成長したなと感じた多肉植物たちをご紹介していきます。

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

こちらはセンペルビウム“モーニングバード”。

元々の真ん中の親株と、子供がいくつか…といった様子でしたが、

もはやどれが親株かわからないほどに大きくなっています。

小さいジャンク缶に植えているので、窮屈そうになってしまいました。

日照も日に3時間ほどですが、今のところは順調に育っています。

センペルビウムは冬の寒さにも強いようなので、このまま屋外で冬越しさせようと思います。

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

次はこちらのセダム“トリカラー”。

上のセンペルビウムと同じような場所に配置していて日当たりが悪い場所です。

なので本来の赤みという部分では弱いかもしれません。

一時かなり調子を落としていて、枯れてしまいそうになっていたことを思うと、

だいぶ復調してきたと思います。

少し寒くなってきたくらいから、急に成長してきました。

液体肥料も少量投与しながら育てています。

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

おなじみのセダム“リトルゼム”も相変わらず順調です。

むしろ伸びすぎて、垂れ下がっている部分も出てきました…

まだまだ子供が隙間に控えているので、このままどこまで大きくなっていくのやら…

我が家でもかなり成長の早い多肉植物の一つです。

太陽の方へ太陽の方へと伸びていきます。

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

こちらは二つ隣り合わせの多肉ジャンク缶です。

左がセダム“ブレビフォリウム”、右がエケベリア“チワワエンシス”です。

“ブレビフォリウム“は何度もご紹介している通り、小振りで可愛らしいセダムながら性質は強健です。

この子たちもそこまで大崩れすることなく、一度植え替えして一年くらいはこの調子で育てています。

右の“チワワエンシス”は葉が開きすぎています。

大きく成長してきましたが、美しさは損なわれてきたかもしれません。

しょっちゅうコンディションによって形を変えています。

綺麗にキープすることがとても難しいエケベリアだと思います。

葉先の爪の色合いなどはピカイチに綺麗なのですが…

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

青々としながらもボリュームアップしたクラッスラ“紅稚児”。

今のところ順調に増えてきていますが、我が家の日照では綺麗に赤くできるか不安です…

そして何よりもう一度花をつけてくれるのか…

“紅稚児”は花が咲いてなんぼだと思います。独特な白い花がとても気に入っています。

以前よりはだいぶボリュームも増してきたので、花を咲かせてくれたら間違いなく綺麗なのですが…

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

こちらもクラッスラの“エルネスティ”。

小さい缶に植えてしまいましたが、早くも溢れてきたような…

独特の形をした葉を幾重に重ねて成長していく姿が素敵です。

涼しくなって、少しだけ青みが抜けてきたような気もしなくもないです。

この“エルネスティ”は比較的最近育てはじめて、以前にも似たような種を育てた経験がないので、

これからどのようになっていくのか、むしろちゃんと育てられるのか、まるで未知です。

一ヶ月と少し(?)ほど経って今のところは順調です。

クラッスラはどちらも直射日光は朝の3時間ほどです。

綺麗な紅葉に染まるには足りない気がします…

ベランダガーデン多肉いろいろ〜最近成長期(?)

最後にこちらもおなじみセンペルビウム“巻絹”です。

形的に非常に成長がわかりにくいと言いますか、感じにくいと言いますか(笑)

ですが最近確実に大きくなってきました。

売られているときの可愛さに一目惚れして、そこからその可愛さを維持できるか不安でしたが、

数ヶ月経った今もあまり変わらずの魅力でいてくれて嬉しいです。

子供だった部分がだいぶ大きくなってきていて、土が見える面積が確実に少なくなりました。

このセンペルも冬に向けて色が変わっていくのでしょうか?

“巻絹”という名をもらっている以上、欲を言うならもう少し糸を引いてほしいところ。

センペルビウムは糸を巻く種がいくつかありますが、どういった条件で糸を引くのか疑問です。

その辺りの様子も引き続き観察しながら、育てていきたいと思います。

スポンサードリンク

, ,
Trackback

2 comments untill now

  1. こんばんは☆

    リナシナってキレイですね~。
    紅茶缶とピッタリ合ってます(・∀・)
    リトルゼムも元気そう!
    っていうか、センペルさんもここに載ってる全ての多肉が
    元気そうでキレイです。
    同じ東向きのベランダですよね?
    キレイに育てる秘訣ってありますか?
    もしあったら教えて下さい(^-^)

  2. こんばんはー★

    東向きです。。そして向かいマンションにも遮られています(>_<) なので本当に日差しが入ってくるのは、午前中の早い時間帯だけです。 すみません。秘訣なんてことは特にありません...汗 強いてあげるのであれば、環境の変化には気をつけるようにはしています。 店から我が家に移す際にも、その店でどのくらいの日照を受けていたかや、 水をどのくらいあげてそうか?などです、あくまで憶測の範囲の話にはなってしまいますが... ここの売り場なら昼間太陽ガンガン当たっているだろうな... ホームセンターなら多肉にもけっこう水あげてそうだな...などと想像しながら(笑) 屋内の遮光されている場所に置かれていた植物など購入して、すぐに枯らしてしまった経験などもあって、 「環境の変化」には少しだけ気を遣うようにはしています。 どう考えても日照が足りなさそうであれば、南側の昼間日が当たる場所に置いたり、諦めたりします(笑) 多肉植物が丈夫な所以は、ゆっくり環境に慣らしてやれば、その環境に適応する点だと思っています。 もちろん我が家でも枯らしてしまう植物もありますよ! 多肉であれば、エケベリア、センペル、クラッスラなどは、とても綺麗!とは言わずとも育てられている気がします。 セダムはとても丈夫ですが、その丈夫さを過信しすぎて雨ザラシにしていて枯らしてしまうこともしばしば... 無駄に長くなってしまったあげく、全然秘訣になっていなくてすみません。。。 日照が少ない条件はどうしようもないので、その環境にどう慣らすかなと僕は思います。 それでも徒長などをせずに育てられているものに関しては、僕も謎な部分ではあります(^^;) 欲を言えばやはりもう少し太陽の光が欲しいです!!(笑)

Add your comment now