成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

多肉植物やその他の植物も花が咲いていたり、花茎があがっていたりして毎日の観察が楽しいです。

写真のエケベリア“野ばらの精”も日に日に花茎が伸びています。

今日もたくさんの写真を掲載していきます。またまた花の接写にも挑戦しましたよ。

そちらのほうは後半にご紹介していきます。

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

我が家で個人的に一番綺麗だと思う多肉はエケベリア“ローラ”です。

冬に入るくらいに大規模に植え替えをしましたが、元気そうでなにより。

小さく花茎も上がっていますし、葉も開いてきました。

“ローラ”は綺麗なうえ、丈夫という本当に優秀なエケベリアです。

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

こちらも綺麗な姿になってきたのがエケベリア“チワワエンシス”。

外葉は相変わらずですが… 以前にだるんだるんになってしまったときの名残がまだ少し。

もう少しで全て生え変わってさらに綺麗な姿になってくれるでしょう。

“チワワエンシス”はエケベリアの中でも日照を好む傾向があるように感じます。

“ローラ”や“野ばらの精”は少ない日照の元でも綺麗に育ちますが、この種は強い日照があるほうが綺麗に育ちます。

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

“野ばらの精”の隣で相変わらずいい状態にあるのが“白牡丹”。

小振りながら、肉厚な葉が折り重なっていてとても綺麗に成長しています。

“白牡丹”は幹立ちして大きく暴れた姿をした株もよく見かけます。

我が家でもいい感じに暴れてほしいなと思っていますが、なかなかそうはなれず。

暴れさせるコツとかもあるんでしょうかね?

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

可憐な黄色い花を咲かせているのは“ルビーネックレス”です。

“ルビーネックレス”は我が家でもかなりの古株で、もう少しで3年目に入ろうとしています。

毎回そんなに数は多くないもののこうして小さな花を咲かせてくれています。

花だけでなく本体の部分も成長し続けて、あまりに垂れ下がっていて切れてしまわないか心配です。

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

そしてさらにアップで撮影。

近くで観ても綺麗です。肉眼ではこんな風には見れません。

花の開き方ができるだけ均一で綺麗なものを選んで撮影しました。

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

クラッスラ“紅稚児”の花はどう撮影しても不思議生物にしかみえません。

花を切ったりしなければ、かなり長い間楽しめる印象があります。

独特の造形はまさに多肉植物の花にふさわしいなと思っています。

本当は咲いてくれるか不安だったので、無事こんなにたくさんの花をつけてくれて良かったです。

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

こちらもさらにアップに。

近くでみればみるほど不思議な形です。

そもそも花なのか?と疑問になってきました(笑)

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

最後は今旬を迎えている“ベロニカオックスフォードブルー”を接写で。

新しい花のほうが青色が濃くて綺麗です。時間が経つと左のような色になってしまいます。

この季節では次々と新しい花をつけては落としてを繰り返して咲いています。もうそろそろ終わりかな?

管理も楽に育てることができるので、手軽に花を咲かせて楽しみたい方にはおすすめの植物です。

多年草なので何度も花を見れるところもポイント高いです。

成長の春!エケベリアも葉が開いてきた。

いかがでしたでしょうか?接写は難しく、よればよるほどピントがシビアになってしまい難しいです。

最後は毎回載せているけれど、毎回姿が変わるセンペル“巻絹”でお別れです。

ついに子供らしきものがいっぱい出てきました。

そんな勢いで増えてしまったらすぐに飽和してしまいそうなのですが…とりあえず様子を見守ることにします。

宜しければ応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

, , , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now