夏のベランダは騒がしい。

夏になると当たり前ですが、植物は茂りますよね。

我が家のベランダも鬱蒼と茂った植物たちでより一層騒がしくなっています。

その中でもいくつか好きなポイントをまとめて掲載してみようかなと思います。

前回と繋がる部分もあるかと思いますが、僕の好きなところをまとめてみました。

夏のベランダは騒がしい。

茂ってるというとメインなのがここ。ここがベランダだとは思えなくなってきました(笑)

“プミラ”をはじめとする植物でうっそうとしています。

プミラは通常のもの、斑入りのものどちらも変わらず元気で、夏の暑さにも負ける様子はありません。

“アカエナ”は少し元気がなさげですが、夏を越えればまた元気が戻るのではと期待しています。

上から垂れ下がる“ハートカズラ”もありと、茂った雰囲気では一番のメインスポットです。

夏のベランダは騒がしい。

今年新しくさらに一株増やした“グレゴマバリエガータ”も短い期間でもこの伸びようです。

初めはもっと低い位置に置いていましたが、あっという間に地面に到達してしまいました。

なのでここは配置を変えて、より垂れ下がる様子が目立つようにしてみました。

“グレゴマ”はとにかく土に植えて、水さえ与えておけば勝手に伸び放題になります。

その反面水が不足するとすぐにへたるので、この時期の水やりは欠かせません。

葉も可愛い形をしているため、アクセントにはおすすめの植物。めちゃめちゃ伸びる所だけ注意です(笑)

夏のベランダは騒がしい。

“グレゴマ”を新たに置いた場所にあった多肉らはここのゾーンに移動しました。

以前よりさらにごちゃごちゃしています。

ここではパーテーションに100均のフレームを組み合わせて使っています。

こうすることで移動も簡単にできますし、自由度が高く気分に合わせてしょっちゅう変えていますね。

夏のベランダは騒がしい。

“ヘデラ タイニーフェザー”も夏になり更に伸びてきています。

ヘデラの中でも独特の形をした葉が特徴的な種でなかなか他の植物にはない雰囲気を出せる植物です。

ここはあまり力を入れてない(スペース的にも厳しい)場所なので1つでインパクトのある植物が適任。

隣に写る“ルビーネックレス”もあり、数は少なくとも茂った雰囲気が出ていると思います。

夏のベランダは騒がしい。

少し番外編的ではありますが、夏に入ってこの缶が急に色あせてきました・・・

こんな急激に色褪せるのは初めてだったので、とても驚きました。

同じトワイニングの缶で黄色いものもありますが、そちらはそこまでなっていません。なんでなのか・・・

色合いはいいんですけど、全面しかこの色になっていないのはいただけないですねぇ(笑)

夏のベランダは騒がしい。

トップ画にもしたここの“ハートカズラ”の雰囲気は今一番のお気に入りゾーンです。

小洒落た雰囲気を出したくて置いた器とエッフェル塔も案外マッチしました。

「自然」という言葉とは少し違いますが、こうしたナチュラルな雰囲気、

作られた雰囲気ではなく、自然に茂り発生したような雰囲気を出したいと日々思っています。

セットしてすぐよりも、少し経って伸びてきたくらいが好きだったりしますし。

ガーデニングという人の手で作っていくものでありながら、「自然」なものを求めるというのも、

矛盾してはいますが、そういう雰囲気作りを大切にしたいなと思っています。

宜しければ応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

, ,
Trackback

4 comments untill now

  1. 多肉初心者 @ 2015-02-16 22:10

    突然のコメント、失礼致します。

    素敵なお庭ですね〜。半年前から多肉植物にハマって、このような庭に憧れています。
    それで、質問なのですが…。錆缶に多肉を植えてみたいのですが、錆びの影響で多肉が枯れてしまうようなことは無いのでしょうか?
    植えてみたいのですが、それがどうしても心配です。
    錆び缶はいくつか作ったので、春になったら植え替えたいなと思っているので、もし宜しかったらお返事お願い致します。

  2. こんにちは!お返事遅くなってしまい申し訳ございません。

    素敵なお庭などと言ってくださりありがとうございます。
    多肉植物への錆の影響とのことですが、僕個人としては錆の影響で枯れたなどと感じたことはありません。確かに無害なものか?と問われると疑問ではありますが、錆缶に植え替えたとたんに枯れたといったような被害は今のところありません。

    もし気になるようでしたら、表面だけ錆びさせたような缶を使うようにしたら良いかと思います。(時間の経過で錆が中まで浸食してしまうこともあるかもしれません・・・)
    それかもしくは僕も使用している「さびカラー」という錆っぽく加工できる塗料を使ってみても良いかと思います。本物に似た加工ができますし、これなら植物に接しない表面だけを加工することができます。

    古い記事ですがこちら「手作りジャンク缶リメイク」にて僕のジャンク缶の作り方もご紹介しておりますので、良かったら参考にしてみてください。

  3. 多肉初心者 @ 2015-03-07 21:36

    お返事くださってありがとうございます。

    錆びの影響はあまり無いと考えて大丈夫のようですね。reiさんの育てているエケなども錆び缶に植えてありますが、とても綺麗なので自分もチャレンジしてみます!
    『さびカラー』も気になるので、後でこちらにも手を出してみようかと思います。

    ご丁寧なお返事、本当にありがとうございました。

    あ、それとお引っ越しされたのですね。また新しい庭造り日記、楽しみにしています。

  4. とんでもないです!お気軽にいつでもコメントいただければと思います。

    錆缶はいろんなブロガーさんも作っていますし、いろいろと参考にしてみると良いと思います!
    どうか自分好みの錆缶作りにチャレンジしてみてください^^

    どうもありがとうございます。
    また気が向いたときに遊びにきてください!宜しくお願い致します!

Add your comment now